茨城県 つくば市センタービル「あいモール」内にリラクゼーションサロンと
ビュッフェ形式を兼ねた店舗の看板を施行させていただきました。
今回は内装の設計で蛍光灯式電飾看板でどこまで薄くできるか挑戦してみました!

内部はまだ内装の下地施行中です。
ちょうどUの字型の入り口がリラクゼーションサロンの入り口。
その脇の鉄骨がむき出した所に看板が入ります。

まあるい鉄骨がビュッフェカウンター。
その脇にも看板が付きます。


溶接して出来上がったフレームに錆び止めを施しております。

この状態でこの薄さ!
蛍光灯が入るかと思ってしまいますがそこは計算ずみ。


■フレームに板金溶接しはじめました。今回は室内なので鉄板(ボンデ鋼板)です。
にしても薄いぞ・・・
 

ちょうど仕上がり10cm。押しブチで押さえるのでアクリル板まで8cmほどしか
ありません。

知っておられる方がおっしゃるかもしれませんが、薄型ならLEDを使えばいいじゃないかと思うかもしれませんが予算の兼ね合いもあり蛍光灯でどこまでいけるかと自分でもやってみたかったのです。

板金溶接が終わった状態。これから焼付け塗装にだします。

!の前に蛍光灯で照らしてみて実際どうなの?の実験!
写真を見て???と思われた方。これが今回の秘密兵器です!

この穴の空いた不思議なカバーが意外な効果をもたらしてくれるんです。

それと蛍光灯の下に敷いた白い紙状の反射板これはMCペットとといって古河電工さんが製造している特殊微細発砲なんやらというもので穴の空いたカバーと組み合わせる事によってさらに反射効率が良くなるんです。

それらを組み合わせて点灯してみました。
なんか穴が邪魔して反って暗くなるんじゃんと思いましたが・・・

が!この通り!奇麗に光を拡散しております!
実際には多少なりとも蛍光灯のラインがみえますがこの薄さでここまでいけば良い
でしょう

実際になにもなしの状態ではどうでしょう。実験してみました。

その差は歴然!蛍光灯のラインは出ちゃうし反って暗くなってしまいました。

そして焼付け塗装工場に出して奇麗になっても戻って来ました。(^^)

今回は7分つやのブラウンです。注文しだいで細かく調整きくのもいいところ。

いよいよ現場取り付けです。
現場に搬入した所。蛍光灯の器具は付けてありすが、反射板は取り付けの際邪魔になってしまうので壁に看板を付けてから反射板を取り付けます。

内装の仕上がり寸法を計算の上制作しましたのでピッタリです!

内装のデザインの雰囲気を壊さないように依頼されたのでまるで一体化したようです。

いい感じです。

反射板と蛍光灯を取り付けている所。お店の雰囲気で電球色を選択しました。

アクリル板をはめ込みます。下のステンドグラスもかわいいですね。

バッチリ!

全体図です。まあるいメラミンボードと色も同じ

こちらはリラクゼーションサロン側。下の空いたスペースには65インチのモニターを設置するそうです!
楽しみですね。

このまあるいカウンターにはこだわりの健康食が並ぶそうです。食べてみたい。

クリーニングしてシャンデリア、椅子をならべて後は開店を待つだけ。とおや?肝心の看
板には何もロゴ等入って無いじゃないかと思われるかもしれませんが、実はここには料理
の写真が入るそうです。

館内通路からのビュー。

通路側には45cm 幅の袖看板とお店のかわいいロゴキャラクターを欄間部に5ヶ所あしらいました。

 もう側面分。ステンドグラスがポイントです。雰囲気も落ち着いていい感じです。

四角い所にもメニューが入るのでしょう

後、忘れて行けないのがこの赤いメラミンボードの柱。オーナー様の意向で全体が落ち着いたブラウンだとインパクトが足らないとの事でワンポイントで赤い柱を加えたそうです。
そこにカッティングサインをあしらいました。
この赤いメラミンボード近くで見るとパールがかかっていて凄くいい色なんです。

 2010(C) Copyrights and All Rights Reserved by ad-aid