■看板の工程表自社加工一覧

まず看板の設計図です。
なにごともまずはこれからですね。お客様のプレゼンにも必須です。


サインポールを建てるための基礎工事です。
看板の大きさに寄って基礎の大きさも変わります。
事前に強度計算をしたのち設計いたします。
地域によっては屋外広告物、構造物の届けが必要になります。

  地盤が緩い場所なので鉄の杭を打ち強度を出します

  アンカーボルト設置及び配筋です。

コンクリート流し込み及び埋設。

鉄骨加工です。パイプも500mmとかなり太い!
重量も2t!ほどあります。

溶接も技術を要します。  

  すべてが組み上げるときに支障がないように正確に制作します。

続いてメイン看板の電材組み込みと周りの仕上げです(板金)
錆び止めのため入念な塗装をします。

蛍光灯を点灯試験してます。日中なので解りずらいかな。

メイン看板の下の3つのサブ看板の制作途中です。
焼付け塗装をするため板金に下処理をしています。

周りに使用する板金には錆びに強いステンレス材(SUS430)を
使用しました。

さぁ看板らしくなってきました。
いよいよロゴの張り込みです。
これほどの大きさだとアクリルだと重くて割れて危険なのでパナフレックスというシート状の物を太鼓のように張り込みます。
軽くて丈夫でなおかつ光も良く通します。

 

さぁいよいよ現場にて設置です。
デモンストレーションなので結構、不安と緊張でいっぱいです。

大所帯での作業です。クレーン車および高所作業車
店舗のほうには他の工事の職人さんや業者様が作業しているのる
ので支障がないようにスケジュール調整をしての工事になります。

根本をしっかりボルトで固定。 サブ看板フレーム取り付け完了&懸垂幕装置取り付けOK

いよいよメイン看板の取り付けのためつり上げます。 ドッキング!

完成!!

照明もOK。 漏電のテストもクリアし問題もないので完成です。
あとはお客さんを沢山呼ぶように頑張ってもらうのみです。


 2010(C) Copyrights and All Rights Reserved by ad-aid